オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根の種類ってどんな種類があるの?~屋根材シリーズ~トタン屋根について


ご自宅の屋根にどのような素材が使われているかご存知ですか??

こだわりのある方も、そうでない方もいらっしゃるかと思いますが、屋根の種類についてご紹介したいと思います。


屋根は大まかにわけると、粘土系、セメント系、スレート系、金属系の、4種類に分類されます。

それぞれの屋根材の特徴、メリットデメリット、メンテナンス時期などをご紹介します




upload_image1-columns1


今回は、金属屋根の一種、トタン屋根 を紹介したいと思います。


トタン屋根は薄い鋼板に亜鉛をメッキしたもので、住宅や倉庫、工場などに使われています。

最近では亜鉛にアルミニウムを加えた<ガルバリウム鋼板>に進化していて、
近年主流ではなくなってきましたが、まだまだ活躍しています



メリット

・施工が簡単で工期が短く済むことに
 より、安価で使用できる。

・金属なので軽くて耐震性に優れている

・軽量なので積雪に強い
デメリット

・遮熱性が低い

・外部からの熱を通すため夏場は暑い

・防音性がなく、雨音がうるさい

・サビに弱い




トタン屋根の鋼板自体は、非常にさびやすいので亜鉛でメッキを施して、防水性を高めてあるので、

塗装の表面やメッキに傷がついてしまったり、経年劣化で剥がれてしまうと

そこからサビが広がり穴が開いてしまう・・・なんてことも

トタン塗装の目安としては、だいたい7~8年が塗り替えのタイミング目安です。

家の立地条件や使用している塗料などによって塗膜の耐久年数は変わってくるので、


ec818b543c0385054709ea2ed5369c83-1-columns3
photo-24-columns3
サビたトタン板

・サビ
・色あせ
・表面のツヤがなくなってきた
・チョーキング現象
・軽度のサビ

上記のような症状が出てきたら、トタンの塗装の塗膜劣化のサインです。

劣化のサインが出てきたら放置しないように専門業者さんに見てもらうことを
おススメします。

サビてから塗装するよりも、サビる前に塗装してあげたほうが、屋根の寿命を延ばせますし、
劣化を放置しておくと、雨漏りの原因となり、屋根の下地まで傷んでしまい、

あとあと大掛かりな修理になってしまい、余計に修理費用がかかってしまったということになる前に

定期的に塗装のメンテナンスが必要不可欠になってきます。

遮熱性の低いトタン屋根の塗り替えをする際には、暑さ対策として遮熱塗料を使用した塗装がオススメです

屋根の葺き替え、リフォームを考えている方は、ガルバリウム鋼板を使用してみてはいかがでしょうか。
ガルバリウム鋼板についてはまたご紹介します

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら飯田・伊那店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-95-9807