オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根塗装工事シリーズ③~下地処理!!なぜ下地処理が必要??~


15402-e1589159880754
塗装の際にとっても大事な下地処理!!!

塗装工事をお願いする際、なんで下地処理なんて必要なんだろう??など疑問に思われたことはありませんか??
下地処理の作業は塗装の寿命を決める重要な工程の一つなんです!!

大きな工事だから、やるときにはしっかりやってもらって塗装の寿命を長く持たせたいですよね。
下地処理というのはこびりついているゴミなどを落とす洗浄作業から始まり
ケレン作業、クラック補修作業などあります。



洗浄作業は以前の屋根塗装工事シリーズ②で書かせていただきました。
↓↓

ケレン作業
ケレン作業というのは、簡単に言うと塗料を密着させるために行う重症な作業です。
サビを寄せ付けにくい外壁が期待できることと、
汚れをきれいに除去する事で塗膜の密着力を高めます。
塗料のノリを良くし、長持ちする塗装に仕上げるための工程になります。

1588904260467-e1589159906738
クラック補修作業
こちらは放置したまま塗装や洗浄に入ってしまうと、そこから水が浸入してしまうので先に補修します。
こういった場合には、サイディング同士の目地の部分も割れている場合がありますので
目地の部分も丁寧に補修します。


下の写真はbefore、after!!
洗浄から下地処理をしっかりさせていただき完成した現場です。
中には下地処理を怠ってしまう会社もあるそうで、
選ぶのであれば地域に密着している優良業者です。


before1
DSC_4950-e1589160378239-before
こちらは洗浄作業の様子★
職人さんが丁寧に洗浄しています。
horizontal
after1
DSC_4999-e1589160415477-after
こちらは完成した屋根です。
ぴかぴかですね!!見た目も気持ちも
心機一転!!
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら飯田・伊那店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-95-9807