オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根塗装工事シリーズ④塗装作業~下塗り編~


DSC_4924_R
下塗りは下地処理が終わった後に塗る最初の塗料になります。
下塗りは上塗りと塗料を接着させる役割になります。

下地によっては2回塗装しなければならないものもあります。
下地の役割についてお伝えしたいと思います。

①塗装がはがれにくいものに仕上げられます。
下地の工程をしっかりしておくことによって上塗りの塗料をしっかりと密着させてくれるので
はがれにくい塗装に仕上げてくれる役割をします。


DSC_5017-e1589172244646
②塗料の吸い込みを防いでくれます。
上塗りの塗料が吸収されることを防いでくれます。なので、上塗りするときに、余分な塗料を使うことなく
きれいに仕上げることができます。

③下地の色を隠してくれます。
下塗りをしておくことによって思った通りの色に仕上げることができます。
下地の色が濃い色を使っていたとしても、下塗りをすることによって、元の色を隠してくれるので黒だったところを白に塗り替えることも可能になります。

④サビ止めの役割
こちらは金属に塗装する場合になりますが、サビを防いでくれる役割があります。
サビ止め機能のある下地もありますので、
そういう塗料を使うことでサビを長いこと防いでくれるという役割もします。

下塗りをしないとどうなってしまうのか・・・??
塗料がはがれてしまう可能性があります。
上塗りだけだと、下地と密着せず
せっかくお金かけたのにすぐに剥がれてしまうということになってしまします。

そんなことになったら、元も子もありません。

塗装がボロボロと剥がれてこないようにするためにも
しっかりと下塗りをして、工程を追って工事してもらうことも
お勧めします。




信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら飯田・伊那店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-95-9807