オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根塗装を冬にする時のメリットとデメリット!!!


屋根塗装
こんにちわ!!!
いつも見て頂きありがとうございます!!
今回は、冬にする屋根塗装工事のメリットとデメリットをご紹介いたします。
まず言っておきたいのが、冬だからと言って塗装工事が出来ないわけではありません!!!
雪が積もってしまった場合に限り、工事が進まなくなってしまい出来ないということです。
それではメリットとデメリットを紹介していきます。
メリットは基本的に冬は他の季節に比べると雨の日がが少ないです。
そのため工事の日程が組みやすくなります。
さらに空気も乾燥しているため、塗料の硬化に最適です。
塗料は乾くというよりも固まるという表現の仕方なので他の季節よりも日照時間は短くはなりますが、乾燥速度は遅くはなりますがしっかりと乾燥すれば冬でも全く問題ありません。
屋根の写真
デメリットは、先ほども言ったように、冬は他の季節と比べて日照時間がとても短いです。
そのせいで、作業出来る時間がどうしても短くなってしまうため工期が長くなってしまいます。
日照時間で作業の時間が短くなるのと朝の霜が降りてきてしまうと塗装する箇所が乾くまで塗装が出来ないため時間がかかってしまいます。

塗装完成
しかし工期は長くはなりますが塗装工事自体にはもんだいありませんのでご安心ください。
最後まで見て頂きありがとうございました。
少しはお役に立てたでしょうか?
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら飯田・伊那店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-95-9807