オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根のメンテナンス時期っていつ??


58660
屋根のメンテナンス時期っていつなんでしょう??
専門的なことはよくわからないし、飛び込みの営業さんってなかなか信用できない・・・
なんてことはありませんか?

屋根のメンテナンスは、屋根の種類によって時期が違います。
photo-4-simple
一番短くて、ストレート屋根と呼ばれるもの
耐用年数が15~25年 メンテナンス時期は7~8年

他にもアスファルトシングル、ガルバリウム銅板(トタン)、防水シート、野地板がありますが
耐用年数、メンテナンス時期ともに20~30年。


今のトタンは大体がガルバリウム銅板になっていて

トタンとガルバリウム銅板の違いは
昔のトタンは亜鉛のメッキを使い、さびやすいものでしたが、
ガルバリウム銅板はサビ防止などのため
亜鉛とアルミとケイ素が混ざったもので作られていて
メンテナンス時期も20~30年と耐久性のあるものになっています。
photo-1-3-simple
セメント系瓦は耐用年数30~40年ですが、メンテナンス時期は10~15年と短めです。

一番長い寿命のもので日本瓦
寿命が50~100年 メンテナンス時期は.20~30年

大体平均して10年くらいで点検を行っていったほうが
お家のためになりますね。

今は大きな地震があったり、台風や大雨などの天災も少なくありません。
瓦がずれたりして、雨漏りの原因にもなってしまいます。
早めに点検しメンテナンスを行っていくことをお勧めします。

自分の屋根がどの素材でできていて、屋根に限らず
お家が今どんな状態にあるのかなど
ほんの少し気にしてみてはいかがでしょうか?

もし、屋根のことでお困りなことがありましたら、
お気軽にご相談ください。
気楽で話しやすいスタッフが承ります。







信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら飯田・伊那店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-95-9807