オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根外壁のメンテナンス。塗装することによって防水につながる!


1580515635567-e1580520356598
屋根や外壁のメンテナンスがなぜ必要なのでしょうか?

メンテナンスの時期は大体10年といわれています。
環境によっても多少の誤差はありますが、早目にメンテナンスをしておくのがお勧めです。


1580339831218-e1580520410557
では、なぜメンテナンスが必要なのでしょうか。
それは、やはり建材自体が劣化してくるということにあります。
劣化し始めると塗料自体の防水性が失われ始めているというサインになりますので
雨漏りをしやすくなります。

外壁や屋根は外側にあって家を守ってくれています。
ですので、常に雨や風、紫外線にさらされています。
新築してから10年くらいたってくると劣化がみられ始めますので、
メンテナンスが必要になってきます。


S__8790022-e1580520387150
外壁の場合
コーキング部分の亀裂(壁同士やサッシのとことのつなぎ目の部分)
ひび割れ、かけ
剥がれてくる
チョーキング(手で触ると白い粉が付く状態)
などが起こり始めます。

例えば、サッシのところから入っている亀裂
見たことありませんか??
最初は小さなものかもしれません。それがだんだんと大きくなると
雨漏りの原因になってしまいます。
雨漏りは外壁を腐食させカビやコケが生えてくる原因になります
そうなってくると、家自体の強度も低下してしまいますし
カビなどはシロアリが発生する原因になったり、シックハウス症候群の原因になったりします。


屋根の場合
チョーキング(手で触ると白い粉が付く状態)
塗膜の剥がれ
コケ・カビ
かけ、割れ
サビ
など屋根材によっても違ってきますが外壁と同じように劣化が起こります。
割れや欠けがあった場合は塗装では対応できないのでカバー工法か屋根の葺き替えの工事になります。



このように、10年くらいたたところで劣化がみられ始めることが多いです。
ですので、家の寿命を延ばすためにも、安心して長く暮らすためにも
メンテナンスの時期になったら塗装をして防水効果を上げるだけでもだいぶ変わってきます。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら飯田・伊那店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-95-9807