オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根外壁のメンテナンス時期はいつ頃??10年過ぎたら塗膜の変化を気にしましょう。


81a95e8e517c702383c54ae23c8f3288-e1589775512837
以前も書いたことがありますが、
屋根のメンテナンスの時期は
   10年といわれています。

家を建てた時には聞かなかったかもしれませんが
屋根や外壁の塗装は10年が目安と言われているんです。

屋根や外壁の色が褪せてきている
屋根の所に苔や藻がついている
外壁の所に亀裂が入ってきたなど

思い当るところはございませんか??


色が褪せてきているということは、
塗膜の劣化が始まっています。
塗膜の劣化が始まっているということは
雨漏りをしやすくなっているということです。

もし、外壁の所を手で触ってみて粉が付いてきていたら
それは、劣化しているサインです。

屋根の所に、苔や藻がついているのに気が付いたら、
それは、湿気があるというサインです。
屋根から雨漏りしていなくても、室内の蒸気が屋根裏に入って
腐食しているかもしれません。


外壁の所に亀裂(クラック)が見つかったら
そこから水が浸入していきますので
早めに塞いでおくことをお勧めします。




09925d0213a97954c35b4a662e40992a-e1589775566559
なぜ、塗装が必要なのか??

それは、
家を雨や水から守るためです!!
そして、家の寿命を長く持たせるため。

車のメンテナンスって
車検やオイル交換がありますよね。

オイル交換ってエンジンのために大切なメンテナンスです。
車検も、安全に車に乗るためには必要不可欠なものですよね。

屋根や外壁の塗装も、車の点検と同じです。
安全に長く家に住んでいただくための
大切なメンテナンスなんです。

家を支えている木材は生きています。
ですから、外の雨だけではなく家の中で発生する
水蒸気などにも少なからず影響をうけています。

雨のシミがないから大丈夫ということはありません。
家は、常に外側で雨や風、紫外線にさらされています。

今の気候も昔とちがって不安定ですから
外壁をつなげている目地の部分なども傷みやすくなっています。

ですので、早めのメンテナンスをお勧めします。




信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら飯田・伊那店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-95-9807