オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

梅雨に備えて雨樋のメンテナンスを。


雨樋の役割とは?

最近では梅雨になると、豪雨により、雨樋から水があふれ出ている、
なんて症状見たことありませんか?

雨樋がなぜついているか?

雨樋の起源は奈良時代からと言われていて、神社やお寺では、今と同じように、
屋根からの雨水を排水するための木製の雨樋が当時すでにあったそうで、日本の建造物では
古くから、存在しなじみが深く、家を雨水や劣化から守ってくれる大事な役割を担っています。

雨樋の役割は、屋根に降った雨水を一カ所にまとめ、
鎖や管を伝わらせて排水設備に流す役割をしています。
屋根から落ちた雨水を建物の土台や外壁を傷めないようにしているのです。

二次被害の原因に!

雨樋の交換です
この雨樋がないと、屋根から落ちた雨水が
水たまりを作ったり、地面に跳ね返った水が
住宅の壁を濡らしたりしてしまいます。


もし雨樋がなかったり、雨樋が詰まっていると
雨樋本来の役目を果たせずに、外壁や家に
トラブルが起こる可能性があるのです。
雨樋が壊れる原因として、

・落ち葉やごみのつまり
・経年劣化による壊れ
・暴風や積雪によりいつの間にか壊れていた

等、原因は様々ですが、この雨樋の不具合を放置しておくと雨樋の本来の役目を果たせず、
雨水が、家の躯体、基礎廻りに侵入してしまうことで、室内の湿度を上げて
カビなどを繁殖する原因にもなってしまいます。
コケ
雨樋がないと地面に跳ね返った雨水や泥で外壁、基礎部分が汚れ、
もし外壁にヒビや塗装の劣化がある場合、外壁材の内部にまで、雨水が浸入します。

その結果↓↓

ジメジメした状態になる。
カビ、コケの発生。
シロアリが発生する。
雨漏りの危険性が高い。


シロアリはジメジメが大好きです。
湿った木材はシロアリの大好物です。

家の木材がスカスカになってしまっていた。

家の内部にまで、雨漏り被害が進み、気付いた時には、
壁の内側がかなり腐食していた…
大掛かりなメンテナンスが費用になってしまった
なんてケースもあります。

雨樋にゴミ
雨樋のゆがみ
ゴミや落ち葉が溜まっていないか
ひびや穴が開いていないか


既存雨樋
雨樋が外れていないか
金具が曲がっていないか
つなぎ目がズレていないか
 



雨樋自体の耐久年数は20年程度となるので、途中で塗装する必要はないですが
梅雨前や、落ち葉の多い時期にご自分でできる範囲で掃除したり、
ゆがみ、ズレ等の不具合を放置しないよう早めのメンテナンスを心がけましょう。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら飯田・伊那店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-95-9807