オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

凍害ってご存知ですか??冬場に起こる屋根の凍害について


IMG_7673-e1580358180547
凍害
建材に含まれる水分が凍結と融解を防ぐことによって木部や屋根材自体が劣化していく現象のこと。
ひび割れやクラック、割れや欠け、剥がれなどのトラブルになるのと同時に、
最初からあったところを大きくしてしまうこともあります。

氷は水よりも体積が大きくなるということから
建材に入った水分が凍結しトラブルを引き起こしやすくなります。

凍った水分は、今まであったひび割れやクラックを押し広げ
溶けてくると、その隙間から家の中に侵入し雨漏りの原因になります。









IMG_7678-e1580358223513
では、凍害でどんなトラブルになるのでしょうか。

・屋根の漆喰が割れてしまった
(庭に漆喰が落ちているかもしれません。)
・瓦が欠けた
・外壁の表面がはがれた
・サイディングの表面が崩れた
・外壁のクラックが大きくなっている

などがあります。
屋根や外壁だけではありません。
屋根裏の木材の部分の水分が凍結、融解を繰り返すことによって
腐食が進んでいる場合もあります。
凍害に合わないためには冬場になる前のメンテナンスがお勧めです。
家のクラックやひび割れを見つけた場合には
湿気が多い時期になる前の対応がお勧めです。


photo-1-7-e1580358263246
凍害に合わないためには
金属屋根にしたり、凍って水がしみこんで来ないように早めに塗装をして
防水するなどの対応が必要です。
(塗装が劣化している場合は防水機能も低下しています。)
ヒビやクラックを見つけた場合には、冬場になる前にメンテナンスをするなどの対応で
冬場に凍害を防げますし、サイディングの目地とその周辺は定期点検をしておくと被害が大きくならないので安心です。

以上のことに気を付けていると家の寿命も延びますし
凍害でトラブルがひどくなることもありませんので、安心して冬を過ごしていただけます。


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら飯田・伊那店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-95-9807