オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

天井に雨染み?意外と多いベランダからの雨漏り!


天井の雨染み
気付いたら部屋の天井にシミが・・・??
あれ、もしかしたら雨漏りしてる??

室内の上にベランダがある構造の建物に多い
ベランダ防水が原因の雨漏り。
雨水が浸入しそうな箇所が多く、
屋根や外壁の塗装ほど気にされない場所のため、
気付いたら、室内の天井にシミが発生して
初めて雨漏りが家の内部に侵入していることに
気付きます。


ベランダ
特にベランダの上に屋根がない構造の建物や
吹きさらしの建物の場合になると、
雨水がベランダに直接吹き込む量も多くなるため、
排水機能や、防水機能がきちんと機能していないと
雨水がきちんと排水されず、家の内部に侵入して
雨漏りの原因に繋がることになります。



では、どのような箇所から雨漏りが
発生するのか??

ご紹介します。
ベランダ
ベランダ排水口

よくこの排水口がつまり
雨水がきちんと排出されないことが
多いです。
落ち葉やごみなどがつまっている
ことが多い箇所。
ベランダ床
床部分の防水

ベランダの床部分の防水も
経年劣化により、床面に
亀裂やヒビが入ってしまうので
その隙間から雨水が浸入します。

ベランダ笠木
ベランダ手摺部分、
笠木部分の隙間

経年劣化により笠木部分や
手摺の部分に隙間が空き、
そこから雨水がじわじわ
侵入していき内部が、
腐食していることも。
ベランダ床
立ち上がり部分

床面と壁面との立ち上がり部分の
隙間から、雨水が浸入します。
立ち上がり部分のコーキング材の
劣化などが原因にもなります。
ベランダ外壁



ベランダ外壁部分の破損

外壁の破損部分から
雨水が浸入して雨漏りの
原因になることも。
上記のような箇所が雨漏りの原因になっていることが
見受けられますが、場所によっては業者さんじゃないと
わかりづらい箇所もありますので、専門の業者さんに
点検をお願いしましょう。

排水口のごみのつまりなどはご自身でもできるので、
定期的に、排水口の掃除を行うこともおすすめです

最後に・・・

ベランダの解体
雨漏りはいつの間にかじわじわと侵入しているので
気が付いた時には、内部の木材にまで腐食が進み、
おおがかりなリフォームを必要とすることにも
繋がってしまいます。


ベランダの防水機能はおおよそ10年程度で
劣化していくので、定期的に床面の防水や
笠木部分など雨漏りの原因になりそうな箇所の
点検を行っていくことが、雨漏りを防ぎ
大事な家を守ることにも繋がります。


まれに、ベランダを作ってくれた業者さんの施工不良が原因で
雨漏りを引き起こすこともあるので、信頼できる業者さんにお願いしましょう。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら飯田・伊那店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-95-9807