オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

台風が通過した後にチェックすべき箇所


台風
大型の台風の発生が近年、たびたび日本列島に
大きな被害をもたらし、ニュースでも甚大な被害の
映像が流れているのを見かけます。

台風が来る前に、対策をすることはもちろん大事ですが
台風が過ぎた後にも被害がないかチェックすることも大事なことです。
ご自身でできるチェックポイントをご紹介します。
台風で飛んだ棟板金です
【屋根】

屋根材のずれや・欠け、金属屋根などは、屋根が剥がれていないか、
飛ばされていないかなどチェックしましょう。
屋根の棟板金が強風により剥がれて飛んでしまった等
台風後に多いお問い合わせです。
棟板金を抑えている釘が経年劣化による浮きにより、釘が抜けやすくなっている状態だと
強風にあおられ、剥がれやすくなってしまいます。
外壁
【外壁】

飛散物による傷などができていないか。
放置しておくと外壁内部に雨水が染みこみやすくなるので
雨漏りの原因になります。
塗膜の劣化や、コーキング部分の劣化も雨漏りに
繋がります。
ポリカー
【カーポートなど】

カーポートの波板ポリカや、
屋根の波板が剥がれていないか
破損していないか、
飛ばされていないか。
雨樋
【雨樋】

雨樋のゆがみや、
雨樋が外れていないか。
ゴミが詰まっていないか。
雨樋がゆがんでしまった、
ズレてしまったなども、
台風の後にお問い合わせが
多くなります。

最後に。

台風
自然の力はとても恐ろしいものです。
テレビのニュースで、トタン屋根や看板などが、強風により
飛ばされてしまう映像を目にしますが、この飛散物がもし、
ご自身の家の屋根や、外壁を破損してしまったら・・・?
悲しいですよね。
逆もしかり・・・ですので、台風が去った後のご自身の家の屋根や、
外壁などの点検はとても大事です。


もし、不具合をそのまま放置しておくと、また台風が来た際に、
二次災害を引き起こす可能性や、さらにひどくなることも


台風による被害は、火災保険の補償対象となることもありますので
加入されている保険会社にお問い合わせしてみてください。





信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら飯田・伊那店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-95-9807