オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

台風が来る前に。やっておきたい、いくつかのこと。


台風
長梅雨が明け、連日暑い日が続きますが、これからの時期
多くなるのが台風の発生です。
7月から10月にかけて最も多く、この時期になると
台風の被害による問い合わせも増えます。


台風に備えてご自身で事前にできること。
ご紹介いたします。

チェックポイント

ずれ
屋根材にズレはないか。

ひび割れや、欠け、割れがないか?

破損やズレがあると、強風による飛散の原因や、
雨漏りの原因にもなります。
金属屋根
金属屋根は、浮いている個所や、サビがないか

強風により剥がれてしまう原因になります。
雨漏りの原因にもなります。
瓦屋根
瓦屋根は、ズレや、欠け、割れがないか

瓦屋根の場合は瓦一枚一枚が重く、万が一、強風による飛散により
人に当たってしまったときケガにも繋がりますので、大変危険です
棟板金
棟板金の浮きや、棟板金を抑えている釘のゆるみがないか

台風時の強風にあおられ、この棟板金が
剥がれてしまうこともあります。
雨漏りの原因になります。
波板ポリカ
カーポートやベランダの波板ポリカが剥がれていないか

劣化していないか。
波板ポリカを止めてあるビスが
緩んでいないか?

台風時に多い被害の一つです


超速硬化ウレタン防水
ベランダの排水口のつまりがないか

この排水口にゴミが溜まっていることが多く、
ゴミが詰まっていると、雨水がきちんと
排水されません。

床の防水の劣化や、手摺部分の笠木に
劣化がないか?
雨樋
雨樋の中にゴミが詰まっていないか?
雨樋が外れてないか。ゆがんでいないか?

雨樋の中にゴミが詰まっていると
雨水がきちんと排水されません。
雨樋のゆがみや外れも、雨水がきちんと
排水されません。
雨水の排水がきちんとされないということは、
雨水を家の中にいれないようにするための
機能が十分に働いていないということなので、
住宅に使用されている建材の劣化を早める可能性や
雨漏りの原因にもなります。

台風が来る前に、ベランダの排水口や、
手の届く雨樋のお掃除をしておくことも
おすすめいたします

家の周辺でもやっておきたいこと

他にも、庭に置いてある植木鉢やプランターなども、
飛ばされないよう固定しておく、家の中に入れておく等、
台風が来る前に、やっておくといいですね

飛散物はご自身の家だけでなく、
他の誰かの住宅を傷つけてしまう可能性も。

そうならないためにも、台風が来る前に、
ご自宅のメンテナンスをお勧めいたします
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら飯田・伊那店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-95-9807