台風で屋根が壊れた?落ち着いてプロに任せましょう!


台風
最近、温暖化の影響もあってか大気が不安定になって、台風の威力や、数も数年前とは比べ物にはならなくなってきました。
今回は、亜熱帯地域みたいな今後の日本で台風で家が壊れてしまった時の対策を書いていきます。
毎年のように自然災害によって、事故や、家屋の破損が紹介されています。
そこで、被害にあった方に少しでも約にたつ情報をお伝え出来ればうれしいです。

緊急の場合は消防に落ち着いて連絡を!!

台風が来て、浸水や倒壊、被害といってもそれぞれです。
緊急の場合は119に落ち着いて連絡してください。
安全第一ですので屋根の上に昇って瓦が飛んでないか確かめるのはやめましょう。

緊急では無い場合

緊急性の無い場合は専門のプロにまかせましょう。
まずは、リフォーム屋さんや、工務店さんなどのプロに相談して、見積もりよりも先に今の家の状態を見てもらった方がいいです。周りのお宅も被害にあっている場合は、ブルーシートをかけてなかなか工事に入れない場合もあるので電話で確認した方がいいです。

火災保険が使える?

屋根の割れ
火災保険とは住宅に総合の保険になっております。
風水害や、突発的な災害にも対応しているので証券を確認してみてください。
実は、雪害で火災保険が降りた方もたくさんいらっしゃいます。しかし、保険会社に保険の申請をして通常1カ月程度時間がかかります。
緊急性が無い場合は、保険を使って直すのも検討されてみてはいかがでしょう?
雨樋
雨樋が曲がってしまう例もよくあります。
棟板金
棟の板金が台風で飛んでいってしまうしまうこともあります。
保険で直せるところは直した方が費用を抑えれるのでなるべく申請したほうがいいでしょう。
そういった対応も僕たちはしていますのでもし台風被害でお困りの方は連絡ください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら飯田・伊那店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-95-9807