オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

スレート屋根とカラーべスト屋根の違い!なにがちがう??メンテナンス方法


スレート屋根
こんにちわー!いつも見て頂きありがとうございます。
今回は、カラーべスト屋根とスレート屋根がどう違うのかを説明して、メンテナンス方法もお伝えしていこうと思います。
最近はスレート屋根はものすごい勢いで普及しているので皆さんのお宅の屋根がスレート屋根という方は多いと思います。しかし、カラーべスト屋根や、コロニアル屋根、化粧スレート屋根など呼ばれていてややこしいですよね。

実は、3つともほとんど同じ屋根なのです!

カラーべスト屋根とコロニアルは商品名で化粧スレートの一種です。
商品名が違うだけでほとんど同じものだと考えて頂いて大丈夫です。

そして、スレート屋根は大きく分けて2つに分かれます。
一つは天然スレートといい、自然の風合いや、高い技術で作り品質の高さから高級屋根材と知られています。
二つ目は化粧スレートといい、セメントに繊維状の素材を混ぜてうすく板状に加工したものです。
品質も安定していて作業性もよく、費用も抑えれるため住宅の屋根材として今は一般的に使われています。
洗浄
メンテナンス方法、塗装工事、カバー工法!

スレート屋根は10年程度で劣化してコケが発生してきてしまいます。まだ下地がしっかりしている場合は塗装工事していきます。
しっかりと高圧洗浄してから塗装工事していきます。
塗装工事が一番費用を抑えれます。


カバールーフだいぶ出来上がってきました。
平成18年以前のものはアスベストを混ぜて作られているのでアスベストが飛散の恐れがある場合はカバー工法がお勧めです。
カバー工法とは今の屋根を残してその上に新しい屋根材を設置していく工法です。
材料代がかかる分塗装よりは費用がかかりますがガルバリウム鋼板などの鋼板を使ってカバーしていくので耐用年は20年位あります。
塗装後
スレート屋根はは10年程度で劣化してくるので早めの塗装工事をお勧めします。
最後まで見て頂きありがとうございました。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら飯田・伊那店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-95-9807