オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

軒ってなに?どこのこと?


軒の深い家です

軒(のき)。

聞いたことある方もいるかとは思いますが、
いまいちどこなのかわからない。
今回はそんな「軒」についてご紹介します

軒とは、戸建て住宅の屋根の外壁、窓、玄関よりも
外側に突っ張って出ている部分のことを言います。

建物より突き出ているので、この部分が、
雨や雪、紫外線から家を守る大事な役割をしています

軒がないと・・・?

軒の無い家
土地の狭い都心部は隣地境界の制限がある関係で軒が短い、
もしくは軒がない家が多くなります。

軒がない、浅いということは、

紫外線や、雨水が直接外壁に当たることになります。

その分、塗料の劣化が早くなったり
近年、ゲリラ豪雨による大量の雨が多いこともあり、
換気口から雨水が浸入する可能性や、
雨水が直接当たるので雨漏りのリスクは高くなります。

夏場は直射日光が窓や外壁に直接当たるため、
室温が上がります。


軒天張替え塗装工事、完成しました
軒が付いているかついていないかで、
建物の耐久年数に、大きく影響してくるため、
軒は建物の構造上重要な役割なのです。


軒は長すぎると、風の影響を受けやすいので
機能的に優れた長さが約90センチとされています。
どうしても軒が付けられない建物の構造の時は、

・外壁にタイルを張る
・遮熱ガラスを使用する
・庇(ひさし)をつける

など、このような対処法があります。


最近では、デザイン性の高い住宅なども多くなり、軒が少ない、軒がない家も
目にすることが多くなりましたが、それに合わせて雨漏りのリスク対策もすることで
建物の保護にもなります

いろいろな形状の建物がありますが、
それぞれの住宅に合わせたメンテナンスが必要になります。

軒に破損などがみられる場合には
放置せずに早めに修理を依頼しましょう

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら飯田・伊那店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-95-9807