オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

棟板金とは?


d1d0437d094efa7373c575bc6593403f
棟板金(むねばんきん)とは。

屋根の頂点にある板金のことを言います

金属屋根や、コロニアル、カラーベスト、
スレート屋根に使用されてます。

棟板金
棟の構造は、屋根材を貫板(ぬきいた)という板で抑え、
その上からこの棟板金をかぶせて雨水の侵入を防ぎます。


この棟板金をとめている釘が経年劣化によって、
抜けてくることにより、サビや雨水の侵入原因になります。


釘が抜ける原因は??

棟板金を取付し直します
新築から7年~10年ほどで、棟板金を止めている
釘が抜けてきてしまいます。

大抵のお宅でこの棟板金を固定している
釘が抜けてきてしまいます。
棟板金
この釘が抜ける原因は、棟板金の
熱膨張によるものです

熱膨張とは、熱により金属が温められたときに起きる現象で、
金属が日に当たると太陽熱で膨張し、夜の気温が下がった際に
収縮します。

この金属の収縮の時に、膨張するときに一緒に
引っ張られた釘は戻らないので、その繰り返しにより、
徐々に釘が抜けていってしまいます。




棟板金を外します

抜けた釘から、棟板金内部に水が浸入し、
内部の貫板に雨水が伝わり、貫板が腐食します

貫板が腐食すると、棟板金を固定している釘を打ち込んでも
釘がきかないので、貫板の交換工事も必要となります。

雨漏りの原因にもなります。

点検目安

棟板金
棟板金や貫板の劣化を防ぐためには、定期的に棟板金の釘の浮きを、
確認することが大事です。

屋根塗装の劣化の目安と同じくらいなので、業者さんにメンテナンスを
お願いする際は、塗装と一緒に見てもらうといいですね

この棟板金を固定している釘が
抜けてきている状態のままだと
台風の際や突風によって棟板金が
取れてしまう、飛ばされてしまう、
ということもあります。


台風など天災の際に、棟板金が飛ばされてしまった!!
もしかしたら、火災保険が適用されることもありますので、
これからの台風の時期に、もし棟板金が飛ばされてしまった。
なんてことになってしまったら、保険会社にまず確認してみましょう。


ただ、棟板金が飛ばされてしまうのは、危険ですので
できればこれからの台風の時期になる前に
屋根の点検をオススメいたします

 

 

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら飯田・伊那店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-95-9807