無機塗料ってなに?普通の塗料とどう違うの??


塗装工事
こんにちわー!!!
今回は、無機塗料について調べてきたので普通の塗料とどう違うのかを皆さんにお伝えしようと思います。
皆さんは無機塗料って聞いたことがありますか?
塗料には、無機塗料と有機塗料の2種類があります。
有機物とは、炭素を含む化学物のことで人工的で炭素を含む化合物も有機物です。
無機物とは、水や、空気、鉱物など人工的ではない有機物以外のものです。

無機塗料は無機物だけで作った塗料だと思ってしまいますが無機物だけでは外壁にくっ付ける事ができないので有機樹脂の中に無機物を散りばめて混ぜた無機物と有機物のいいところどりしたハイブリット塗料と言えるでしょう。

無機塗料の特徴

無機物は鉱物と言いましたが石やガラスなどの鉱物は長年太陽の日に当たっても多少はいろがあせてもボロボロに崩れてしまうことは無いですよね。
なので紫外線に強い無機物を壁につけることが出来れば、耐久性が上がり劣化しにくい外壁を作ることが出来ますよね。
無機物だけで作れる塗料があれば年十年も長持ちする塗料が出来ますが、先ほど言ったように無機塗料は有機塗料と混合して作られているので実際は、有機塗料よりも少し耐久性があがります。
質のいい無機塗料だと20年くらいの耐用年数のものもあります。
無機塗料は静電気でゴミが付きずらいセルフクリーニング作用がある塗料が多いです。
また、燃えにくかったりします。
デメリットとしたら価格が通常の塗料よりたかいということがあります。

最後まで見て頂きありがとうござます。
少しはお役に立てればうれしいです。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら飯田・伊那店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-95-9807