オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

コーキングの劣化は塗装の劣化よりも早い!!


コーキング
外壁材の繋ぎ目部分に、施してあるコーキング。


このコーキングは、外壁繋ぎ目部分に
施してあり、外壁材同士を固定し、接合します。

なぜこのコーキングが繋ぎ目に必要なのか?

外壁材は、気圧や気温などの環境や
地震などにより、伸縮します。
その際に、外壁材がぴったりくっついていると、
外壁材同士がぶつかり合いひびや外壁材が
かけてしまうことになりかねません。

それを防ぐために、コーキング材が
クッション材の役割をしています。
それにより、外壁材にかかる負担を減らし、
ヒビや欠けなどの破損を防ぎます。

他にも、外壁材の繋ぎ目に使用することで、
雨水の侵入を防ぎ、外壁材の内部や家の内部に雨水が
侵入することを防ぐ役割も担っています。

コーキングの打ち替え
このコーキング部分。
常に紫外線や、雨水に晒されているので、
もちろん経年劣化は避けられず、
定期的にメンテナンスが必要になります。

ほとんどの場合、外壁の塗装よりも早く
このコーキングの劣化から始まることが多く、
少しずつコーキングの劣化が進みます。

コーキング劣化のサイン

コーキングヒビ割れ
コーキングの剥離、ヒビ

コーキングと外壁材の間に
隙間ができていたり、
コーキング部分にヒビが
入っている状態。
コーキングの割れ
コーキングの破断や、欠落

コーキングが割れている、
剥がれている状態。
コーキングの下地の部分が
見えている、露出している。
上記のような劣化のサインがコーキングの部分に
現れていたら、メンテナンスのサインです


劣化の症状に合わせたメンテナンスが必要になります。

劣化したコーキングを一度すべて剥がし、
新しくコーキングを充填する『打ち替え』や、
既存のコーキングの上に、充填する『増し打ち』など、
コーキングの状態に合わせた施工を行います。

コーキングのメンテナンスは外壁の塗装のメンテナンスの際に
一緒に行われることが多いですが、コーキング部分の劣化がひどいと、
外壁材内部に雨水が浸入してしまうので、できるだけ早め早めの
メンテナンスを行うことをおすすめします


外壁コーキング
ホームセンターなどに市販でもシーリング材は
取り扱いがあるので、DIYで補修する方も
いらっしゃると思いますが、劣化の症状に
合わせた施工方法や、コーキング材の種類なども
様々ですし、耐久性も必要になるのでできるだけ、
プロの業者さんにお願いしましょう。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら飯田・伊那店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-95-9807