オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

コーキングの重要性について


コーキング交換3
コーキングとは??

聞きなれない方も聞いたことある方もいらっしゃると思いますが、
コーキングとは弾力のある樹脂系の目地充填剤のことを言います。
一般的にコーキングや、シーリングと呼ばれどちらも呼び方が
違うだけで意味合いは同じです。

このコーキングの役割は、外壁材が気温変化などの膨張などによる、
外壁材同士の衝突を防ぐため、一定の隙間を作り外壁材を張り付ける際に
できる外壁材同士の隙間に充填します。

外壁もそうですが、コーキングは一日中紫外線にさらされ、雨水に晒されるので、
少しずつ劣化していきます。立地条件により変わっては来ますが外壁の塗装よりも
コーキングのほうが早く劣化するといわれているので、
外壁塗装の目安の10年よりも短い期間でコーキング部分に
劣化の症状が現れてきます。

そして、このコーキングが劣化すると、その隙間から雨水が
侵入し、外壁材を傷める原因となります。

こんな症状が出ていたらメンテナンスを!!

コーキングの割れ
コーキングのひび割れ、破断
コーキングが経年劣化によりコーキングの
柔軟性を失い表面が縮んだままになることで
起きますが、これを放置しておくと、
コーキングがさらに硬くなり、
破断してしまいます。
コーキングの劣化
コーキングの剥離
外壁との間に隙間ができている状態です。
コーキング材が外壁の伸縮の動きに
ついていけずに、密着しなくなっている状態。

コーキング施工前
このようにぼろぼろになったコーキングには、防水機能が
失われている状態なので、この目地から雨水が入り込み、
建物の内部にまで侵入していき、ダメージを与えていきます。

雨漏りや、シロアリの被害に及ぶことも。



外壁コーキング3
コーキングのメンテナンス方法には
打ち替えと、増し打ちがあります。

簡単に説明すると、増し打ちは既存の
コーキングの上から新しいコーキング材を
注入する方法です。

打ち替えは、古いコーキングを取り除き、
新しいコーキング材を注入する方法です。

施工方法は、施工場所やコーキングの傷み具合によっても
変わってくるので、施工業者が、状況を判断し、
適切な方法を選び施工してくれます。

コーキング完成
普段あまり気にならない部分のコーキングですが、
実は外壁材を守る大事な役割を担っています。

コーキングのひび割れや隙間などは目視でも
わかりやすいので、ご自宅のこのコーキング部分が
劣化していないか、ご自身でチェックしてみましょう


気になる箇所があったら専門の業者さんに
点検をお願いしましょう

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら飯田・伊那店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-95-9807