オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

金属屋根のメリットとデメリット


ガルバリウム鋼板
近年主流になっている金属屋根。

金属屋根にもトタン屋根や、
従来のトタンより非常に耐久性の向上したガルバリウム鋼板、
ステンレス屋根、チタン屋根、銅板屋根があります。

一般的に使用されているのがトタン屋根と
ガルバリウム鋼板になります

トタン屋根と、ガルバリウム鋼板の屋根の
メリットデメリット、メンテナンス時期の目安を
ご紹介します。



トタン屋根
トタン屋根

施工が簡単で金属なので軽く、耐震性に
優れているメリットがありますが、防音性がなく
雨音がうるさかったり、夏場は暑いなどデメリットが
あります。

錆に弱く、サビを放置しておくと
そこから穴が開いてしまい、雨漏りの原因と
なります



ガルバリウム
ガルバリウム鋼板

従来のトタンの約4倍の防錆性を持ち、
サビにくくなっています。
耐震性、耐久性に優れています。

トタン屋根と同じく防音性、遮熱性がないので
夏場は暑いなどのデメリットもあります。

衝撃や傷に弱いので、傷を放置しておくと
赤さびの原因となり、雨漏りの原因と
なります。

メンテナンスの時期の目安、劣化の症状

ガルバリウム鋼板

ガルバリウム鋼板は耐久性は非常に高いですが
やはり経年劣化は避けられないので、
定期的に塗装のメンテナンスが必要になります。
塗装表面の色あせや、塗膜のひび割れ、錆の発生など
見られたら塗り替えのタイミングです

だいたい、10年~20年程度で塗装が劣化してくるので
それを目安にメンテナンスがおススメです。
下條村トタン屋根
トタン屋根色あせや、チョーキング現象、軽度のサビ
出てきたら、塗り替えののタイミングになります。

サビを放置しておくと、サビが広がりそこから穴が開いて
雨漏りの原因になってしまうこともあるので、
サビる前に塗装をしてあげることをおすすめします。

だいたい目安としては7~8年程
塗り替えのタイミングなります。


金属屋根は薄いため、どちらも他の屋根材に比べると防音性に劣ります。
遮熱性もないため熱伝導率が高く、夏場は暑くなりがちですので、
塗装をする際にはそれに合わせた遮熱塗料を使用した塗装を
おすすめします


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら飯田・伊那店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-95-9807