オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

瓦屋根はメンテナンスフリー?


瓦屋根
一般的に使用されている陶器瓦の耐久年数は
だいたい50年から60年といわれています。
瓦屋根は耐水性に優れ、色あせもしにくく
非常に耐久性に優れています。



では耐久性が長く、色あせもしないなら
メンテナンスは必要ないのでしょうか??

残念ながら瓦屋根にも、メンテナンスは必要になります。
破損瓦
瓦自体は非常に耐久性に優れていて、
瓦が欠けていたり割れていても、
1枚からの交換が可能になります。


一枚からの部分交換は可能ですが、
瓦屋根はその下に敷いてある下地材や
漆喰部分は経年劣化により劣化します。

他にも屋根のてっぺんの棟瓦のずれや、
漆喰部分のメンテナンスは欠かせません。
漆喰や、棟瓦は放置しておくと、雨漏りの原因になるので
定期的にメンテナンスをほどこさなければなりません。

このような症状が現れたらメンテナンスのサイン??

棟瓦漆喰
漆喰部分の劣化

瓦屋根の隙間部分を埋めている漆喰部分は
剥がれ落ちていたり、隙間が空いている。
白いものがポロポロ落ちているなど、
このような場合はメンテナンスが必要になります

放置しておくと、漆喰の剥がれた部分から
雨水が浸入し、建物内部に雨漏りが
侵入することになります。


棟瓦歪み



棟瓦のずれなど

屋根の頂上にある、棟瓦は、強風や、
経年劣化によりズレてしまうことが
あります。
棟瓦の役割は、屋根の頂上から
雨水を侵入させないことなので、
もしこのずれなどを放置しておくと
隙間から雨漏りが生じ、家の内部に
雨水が浸入することになります。
ルーフィング
防水シートの劣化

瓦屋根の下に敷いてある防水シート。
ルーフィングと呼ばれるものですが、
この防水シートの耐久年数が20年から30年。

防水シートが劣化すると、
その下に敷いてある野地板に雨水が
侵入し、雨漏りにつながります。
瓦
野地板などの下地材

防水シートの下に雨水が浸入すると
屋根材の下の野地板などの下地材に、
雨水が染みこみ、下地材が腐食し、
更には家の内部にまで雨漏りが
浸入することにも繋がります。

気付いたら、天井にシミが!
なんてことに
瓦屋根
上記のような症状がみられた際は、
メンテナンスが必要となります。

放置しておくと家の内部にまで
腐食が進んでしまい、大幅な屋根の
リフォーム工事が必要になってしまい
高額な費用が必要になってしまことにも
なるので、上記のような症状が見られたら
なるべく早めのメンテナンスを
おすすめします

瓦屋根の場合、下に敷いてある野地板や、
防水シートを交換する際に
一度屋根材の瓦を撤去しなければなりません。
最近では軽量で耐久性のある金属屋根に
リフォームする方も、少なくはありません。

屋根の上は危険なので、ご自身で登らないよう
無料点検も行っている、信頼できる業者さんに
お願いしましょう

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら飯田・伊那店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-95-9807