地震への強さは建物の形状によっても変わります!!!


建物
こんにちわー!いつも見て頂きありがとうございます。
建物の形状によっても地震に対する強さが変わるのって知ってました??
今回は、どんな形状のお家が地震に強いのかをお伝えしようと思います。
少しでもお役に立てれば嬉しいです。
地震に強い家に住みたいのは皆さんの共通の思いではないでしょうか?
最新の住まいは昔に比べて耐震性能は高くなっています。
耐震技術だけでなく単純に建物の形状によっても地震に強い、弱いがあります。
きりずま
平屋と2階建てだとどっちが安定して見えるかというとやっぱり平屋ですよね。
見た目が不安定な物はやっぱり揺れやすいということです。
平屋より2階建ての方がより強固な作りが必要になります。
低い建物より高い建物の方が重心も高くて、揺れやすいのは感覚的にも分かると思います。
2階建ての家
では面積が同じ長方形の建物と正方形の建物があったとします。
この場合は地震に強いのは圧倒的に正方形の建物です。
正方形の建物はどんな方向からのゆれであっても、ほぼ均等に力が分散されます。
長方形の建物は長辺と短辺があって揺れの方向によってかなり揺れてしまいます。
これからお家を買おうと思っている方はぜひ建物の形状も気にしてみてください。
最後まで見て頂きありがとうございます。
少しは役に立ったでしょうか???
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら飯田・伊那店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-95-9807