オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

家のメンテナンスの目安はどれくらいなのか??


新築で家を建てて、そのまま一生そのまま新築状態が続くか、と言ったら残念ながらそうではないですよね

どうしても、塗料や建材に寿命はあります

寿命といっても、それぞれの家に使用されている屋根材の種類や、塗料の種類、立地条件などによって異なりますが、一般的には目安として、だいたい10年前後と言われています。

外壁、屋根は紫外線や風雨に常にさらされているので、家の中でも一番劣化の激しい部分になります。


今回は自分でわかる劣化のサインを紹介します


では、外壁の場合



S__8536069-1-e1580093973526-columns3
壁を触ると白い粉が手につく、いわゆるチョーキング現象
防水効果が切れているサインなので放置しておくと雨漏りや、ひび割れが起きたりする可能性も…
コーキングの割れ
コーキング材(壁と壁のつなぎめのゴム材)の、破断やひび割れ
シーリングの劣化した部分から、雨水が浸入して雨漏りの原因に…!
外壁塗装現場点検です
サイディングボード(壁材)のひび割れ、汚れ、カビ、コケが生えている
家の美観を損ねることも、もちろんですが、家自体の劣化につながる可能性も!


外壁に、このような現象が現れたら劣化のサインです。



次に屋根の場合↓↓
洗浄後
塗膜の色あせ
経年劣化によって、塗膜の表面が色褪せている状態。塗膜の耐久性が落ちているので、防水性も低下していて、コケ、カビ、藻が発生しやすくなります。
洗浄前
藻やコケの発生
屋根自体に水分が滞留して湿気が高くなっている状態。
スレート屋根
屋根材の反り、滑落、凍害
塗膜の防水性が失われて水分の吸収、乾燥、伸縮を繰り返して放置しておくと、雨漏りの原因になることも。
特に屋根は、外壁の1.5倍も劣化が早いといわれているので、屋根のメンテナンスはとても重要です。

(ただ、屋根は危険なので、自分で登って確認することは危ないのでやめてくださいね!!

目視できる範囲か、専門の業者さんに依頼することをお勧めいたします!)



外壁や屋根に、このような現象が現れているときは、塗膜の耐久性、防水性が落ちてきている状態なので、放置しておくとさらにひどくなり、雨漏りの原因になったり、ひどいときは、家の内部にまで雨漏りが浸透し、結局高額な修理費用になってしまうこともあるので、放置せずに塗り替えの検討をオススメします


それぞれの外壁材、屋根材によって、メンテナンス年数は違いますので、10年を目安として、こういった現象が出てきたら、劣化のサインなので、業者さんに診てもらうといいですね。



信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら飯田・伊那店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-95-9807