オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

外壁塗装のメンテナンス時期の目安は?


外壁塗装
ご自分の家の外壁、メンテナンスされていますか?


外壁に施されている塗装は、紫外線や雨、汚れなどから
家を守る役割をしています。

近年、主流になっている窯業系の外壁材は、
元々防水性はなく、工場製造時に塗料を吹きつけて
防水性を持たせているので、この塗料が劣化して
落ちてくると、防水機能がなくなってしまい、
外壁材が傷むことにつながります。

一言で外壁といっても、それぞれの住宅に使用されている外壁材は
様々な種類があります。
外壁材によって、耐久年数は変わってきますが、
定期的なメンテナンスはどの外壁材にも
必要になります。


でもいつメンテナンスすればいいのか?
ご自身でわかる外壁塗装の劣化のサイン
ご紹介します。

外壁にこのような症状が現れたら・・・

外壁材にこのような症状が見られたら
メンテナンス検討時期です

外壁は屋根と違って、ご自分の目の高さから
確認できるので比較的簡単にチェックできます。

チョーキング現象
チョーキング現象

外壁を触った時に手に
粉のようなものがついてきたら、
外壁塗装の防水性が、
失われてきている状態。
熱や風雨、紫外線などによって
劣化してしまった塗装に
含まれている顔料が
塗膜表面に出てきている状態。
外壁コーキング割れ
コーキングのヒビ

サッシ廻りや外壁材の
コーキング部分の劣化。
外壁の塗装よりまずは
コーキングが先に
劣化してきます。

隙間やヒビなどがあったら
そこから雨水が入り込む原因に。


外壁汚れ
外壁のカビや汚れ

外壁材の凸凹した部分や
日が当たりにくい場所など
湿気によりカビが発生します。
家の美観を損なうとともに、
外壁材が水分を持っている状態。

外壁のヒビ
外壁材のヒビや割れ

ヘアークラック、構造クラックと
呼ばれるもので、浅いヒビ割れなら
緊急性はそれほどないですが、
ひび割れが深いものになると
外壁材の中に雨水が浸入し、
家の内部が腐食する原因に。
外壁塗装
建物を、長く持たせるために大事なことは、
住宅に水を入れないということが
とても大事になってきます。



立地条件や使用されている外壁材によって、
耐久年数はそれぞれに違いますが、定期的な塗装のメンテナンスを
することで防水機能を保ち、大事な家を長く守ることに
繋がるので、ご自分の家が前回の塗装から何年経っているのか、
外壁に上記のような劣化のサインが出ていないか?
定期的にチェックすることも大事です。

劣化を放置しておくと、家の内部にまで
雨水が浸入してしまい、後々大々的な工事が
必要になってしまったり、工事金額が高額に
なってしまうことになりかねないので、
早めのメンテナンスをお勧めします

大丈夫かな?と思ったら、信頼できる業者さんに
見てもらうことも合わせておすすめします

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら飯田・伊那店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-95-9807