オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

外壁にヒビ?そのヒビ放置しておくと雨漏りの原因に!!


クラック
あれ、こんなヒビあったっけ??
気付いたらいつの間にか外壁にヒビが・・・



実はそのヒビ。
クラックと呼ばれるもので放置しておくと、
家の耐久性にも関わることにもなるかもしれません。

もしそのヒビから雨水が浸入していたら??
いつの間にか、家の内部が浸入した雨水によって
腐食してしまっていた、なんてことにもなりかねません。


クラックはなぜ起こるのか??
クラックの原因や放置しておくと危険なクラックの
状態など、ご紹介します。




クラックには大きく分けると、

・塗装の塗膜に発生するクラック

・外壁自体に発生するクラック

この、二つの種類に分かれます。

塗装の経年劣化や、地震などによる外的要因や、外壁材の特性など
クラックの発生原因は様々ですが、クラックの種類によっては、
緊急性のある深刻なクラックもあります。


モルタルや、コンクリートの外壁材を使用している場合、
コンクリートとモルタルは水を使用して施工してあるため、
施工の乾燥の過程で水分が蒸発することなどにより、
収縮が起こるためヘアクラックが生じてしまいますが、
コンクリートとモルタルの持つ特性になります。

クラックの種類

クラック
ヘアクラック

髪の毛ほど細いクラックで、
幅0.3㎜以下、深さが4㎜以下の
ひび割れのことを指します。
塗膜の経年劣化や施工不良などが
原因で起こるクラック。

外壁の表面だけがひび割れている状態なら
建物構造や鉄筋などにも、すぐに影響は
出ないため、緊急性はそれほど高くない
クラックです。
クラック左官補修工事
構造クラック

幅0.3㎜以上のクラックのことで、
ヘアクラックと違い、外壁の内部からの
ひび割れになります。
ヘアクラックを放置からの進行や、
地震、不同沈下などの外的要因などにより
できたクラック。

構造に影響を及ぼしかねない緊急性の
高い、深刻なひび割れです。

外壁のヒビ
上記のように、ヘアクラックは塗装による部分補修などで、
メンテナンスでき、緊急性の低いクラックですが、
構造クラックは、放置しておくとクラック部分から
雨水が浸入し、外壁の劣化や建物内部の腐食など、
建物の強度低下にも関わってくる可能性が高いので、
ご自宅の壁にこのような構造クラックがあったら、
放置せずに、早目に業者さんにメンテナンスを
依頼することが大事です。


ご自分で軽微なヘアクラックをDIY補修する方も
いらっしゃるかと思いますが、やはり内部の状態や、
クラックの状態を把握するには専門の業者さんでないと
判断は難しいので、応急処置として施しておき、
プロの業者さんにメンテナンスを依頼することを
おすすめいたします
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら飯田・伊那店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-95-9807