オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

ベランダにも定期的なメンテナンスを!


ベランダ塗装
ご存知ですか?
実は意外と多いベランダからの雨漏り。

外壁や、屋根ほど、メンテナンスを気にされることが
少なく、見落とされがちですがベランダからの雨漏り、
実は多いんです。

ベランダの雨漏りを放置しておくと
家の内部にまで雨水が浸入してしまい、
いつの間にか家の内部の木材の腐食が
進んでしまっていた
気付いたらベランダの下の室内天井に雨染みが
なんてことにも繋がってしまいます・・・。

ベランダの防水にも定期的なメンテナンスが
必要になります。

ベランダのメンテナンス時期や、
メンテナンス方法をご紹介します
ベランダ
最近の住宅の建物に多く見られる屋根のないベランダは
雨が降った際にベランダに降りこむ雨量が多くなります。

その際に、ベランダの防水性が失われていると、
じわじわと雨水が浸入していきます。
ベランダ笠木コーキング


近年集中豪雨や台風などの多量の雨が
降ることが増えてきましたが、
その雨水がどこから排出されるか?

劣化により、床面や接続部分に隙間が空いていれば、
雨水はその隙間から流れていきます。
このようにじわじわと雨水は家の内部に侵入し、
気付いたら、天井に雨染みができ気付く、
そしてそれを放置しておくと家の内部の木材が
腐食してしまうことにも繋がります。

内部の腐食がひどい場合は、大掛かりな工事が必要になり、
その分、工事費用も高額になります。

こんな症状が出ていたら!劣化のサインです!

ベランダ
排水口

排水口の中にゴミなどが詰まっていると
雨水が排水されず、雨漏りにつながることも。
定期的に排水口の中のゴミを、取り除いて
あげるなど、きちんと排水される状態を
保ってあげましょう。
ベランダ笠木
壁部分の防水性

塗装の劣化などにより、
防水性がなくなってしまうと
雨染みや、カビコケなどが発生します。
ベランダの改修工事
床面の防水部分のひび割れ

ベランダ床部分の防水も経年劣化により
ひび割れなどが生じます。
このヒビの部分などから、
雨水が侵入していきます。
ベランダ雨漏
繋ぎ目や立上り部分

まれに施工不良などにより、
他の部分との繋ぎ目が剥がれ、
そこからいつの間にか雨水が
侵入していくことも。

ベランダ笠木の繋ぎ目の板金
ベランダ手摺の笠木部分

笠木部分の経年劣化により、
板金や、釘部分などの浮いてしまった
箇所などから雨水が浸入していきます。
内部の木材が腐食していきます。
ベランダ立上り部分
コーキング部分の劣化

経年劣化によりコーキングが、
ボロボロになってしまうと、
その部分から雨水がじわじわと
侵入していき、雨漏りの原因に。
ベランダ防水
放置して傷みがひどくなる前に、定期的なメンテナンスを行うことで、
防水性も保てますし、大事な家を長く守ることにも繋がります。

ベランダ床の防水層は、FRPやウレタン防水などが主流ですが
どのようなメンテナンス施工をするかにより、工事金額や、
メリット、デメリットや、その後の耐久年数も変わってきます。


定期的なメンテナンスを心がけることや、
信頼できる業者さんにお願いしましょう。


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら飯田・伊那店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-95-9807