オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

雨漏りは外壁からも!!自分でできるチェックポイント。


雨漏り
外壁の雨漏り。

こんな症状を放置しておくと
家の内部にまで雨水が浸入してしまい、
大掛かりな工事が必要になってしまいます。


そうなる前に、自分でできる外壁の
劣化症状のポイント。紹介します。


チェックポイント

外壁に色あせ
外壁の色あせ。ツヤがない。
経年劣化により新築時の塗膜のツヤは
失われていきます。
なんだか色が褪せてきたな、と思ったら
塗装の時期かもしれません
チョーキング現象
代表的な塗り替えのサインのチョーキング現象。
塗料に含まれている顔料が粉上になって
塗膜の表面に付着します。
この症状が起きている場合は、塗料の保護能力も
低下しているので外壁の表面を
雨や紫外線から守れなくなっているので、
できるだけ早めに塗り替えをお勧めします。
コーキングの割れ
外壁材の繋ぎ目のコーキング部分の劣化。
このコーキングが劣化していくと、細かい亀裂が入り
さらに劣化が進むことによって、亀裂が大きくなり
その隙間から、雨水が浸入してしまいます。
塗装よりも早く劣化することもあるので
普段から気にしてみてみましょう。
外壁のヒビ
ヘアクラックと呼ばれる幅0.3mm以下深さ4㎜以下の
微細なひび割れ程度なら緊急性は低く慌てる必要も
ないですが、幅が3㎜を超えているものは
かなり進行している状態で、長時間その状態が
放置されていたようなら、雨水の相当量が
建物内部に侵入して、建物の構造部分にも影響を
与えている可能性があるので、今すぐに補修が必要な
レベルになります。

137012161c5d8b338d8ce4e9450bb9ab-columns2
外壁材の変形破損。割れや反りなど。
外壁材が雨水を吸収し膨張、乾燥を繰り返し
外壁材が変形していき、反り、浮きクラック、
最終的に割れへと進行していきます。

こうなる前に、水分が浸透しないように
外壁材の塗装のメンテナンスを
行うことをおすすめします。

外壁の下塗り
外壁塗装の目安は、およそ10年と言われていますが、
立地条件や、環境によって様々です。
ご自分の家の劣化のサインを見逃さないこと、
それが大事な家を守ることにも繋がります。

劣化の初期症状を放置しておくと、
劣化はどんどん進行します。
大掛かりな工事になると費用もその分高くなってしまうので
なるべく早めのメンテナンスをおすすめします。

無料点検を行っている業者さんも多々いらっしゃるので、
早めの点検を依頼しましょう
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら飯田・伊那店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-95-9807