オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

雨樋の重要性、ご存知ですか?


雨樋
ほとんどの住宅についている雨樋。

なぜこの雨樋が付いているかご存知ですか?
あまり気にされない部分かもしれませんが、
実は、雨樋はとても重要な役割をしているんです

今回はそんな雨樋の役割や
メンテナンスの時期をご紹介します
雨樋は屋根に降った雨水を、住宅の土台や外壁を濡らすことなく、
排水する役割を担っています。

雨水が軒先から落ちることによって、地面に落ち、
地面に水たまりや溝ができてしまうことや、
雨水の跳ね返りが家の壁を濡らしてしまうことを
防ぐ役割を担っているんです

雨樋は細かく分けると複数のパーツから
成り立っていますが、特に重要な部分は次の3つです
雨樋
軒樋

屋根の淵と平行についているもので屋根からの雨水を直接受けます。
雨樋塗装
集水器

軒樋に落ちた雨水を集めて
竪樋に流します。
雨樋
竪樋

集水器に集まった雨水を
下方に排水します。
一つ一つの部品が、正常につながっている状態で、
初めて雨樋としての機能を果たすのでこの雨樋の部品が
一つでも異常があることにより、雨樋は、正常な機能を
果たせなくなってしまいます。
近年、増えてきた軒がない家や雨樋のない家は
比較的雨漏りがしやすくなります。

というのも、雨水を排出するべき機能の雨樋がないということは、
雨水がすべてそのまま壁をつたうことになるので、
外壁材や家の基礎部分へのダメージが大きくなります。

雨樋の代わりになる機能性を持つものを備えるか
日ごろから気を付けていなければなりません。

雨樋のこんなところをチェック!

雨樋
雨樋に汚れや、落ち葉などごみが詰まると、
きちんと雨水が排水できず、
雨水があふれ出ることになります。
今は、落ち葉除けのネットを付ける
方法もあります。
雨樋の点検
繋ぎ目部分や、雨樋のゆがみや、
雨樋に穴が開いているなども、
雨水がきちんと排水できなくなるので、
雨樋の役割が果たせない状態になります。

雨樋
台風のあとや、強風が吹いた後などに雨樋がゆがんでしまった等の
事例もあるので、台風の前後や強風などの後は、
雨樋のゆがみや、雨樋がはずれていないかなど、
雨樋に異常がないかチェックをすることをおすすめします。

もちろん定期的なメンテナンスをしていくことも
プロの目で細かいところまで見てもらうことも、
大事な家を守ることにつながります


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら飯田・伊那店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-95-9807