オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根裏のカビを抑制!冬場の湿気はお住いの大敵!!


450-20171007170211330966
結露というと窓のことイメージしがちですが、実は屋根裏も結露をするんです。

結露だけならまだいいですが、湿気を放置しておくとカビ発生の原因になります。
メカニズムとしては、コップに水滴がつくのをイメージしていただけるとわかりやすいかもしれませんが
湿気を含んだ周りの空気が冷やされて水分に変化するんですね。

これが屋根裏に起こるとどうなるか??

カビをほおっておくと、まず家の柱や壁が傷んできます。
カビは増殖しますので広がっていき家の強度に影響が出てしまします。




20191123_095318
他にも、野地板に水滴がつくことによってカビの原因となりシックハウス症候群の原因ともなってしまします。
この部屋、カビ臭いかもと思ったら要注意です。
自分や家族の健康にもかかわってきますので、早めの対策を取りましょう。
冬場はやはりほかの季節よりも湿気がたまりやすいということがありますが、
屋根裏の環境として、換気ができるかできないかでも分かれます。

サーキュレーターやシーリングファンなどを使って換気をしたり
空気の循環をさせてあげるとカビも発生しにくくなります。


カビがあるからすぐに健康などにかかわってくるということではないかもしれませんが、
健康への害も、家の寿命が少なくなってしまうのも徐々にすすんできます。
気づいた時には遅かった・・・
なんてことにならないために、少しでも気になったらプロに点検してもらうことをお勧めします。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら飯田・伊那店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-95-9807