屋根は定期的に点検が必要なんです!!!公的に見ても!!


施工前
こんにちわー!いつも見て頂きありがとうございます。
今回は屋根のメンテナンスをした方がいいという事を公的に見てもした方がいい理由をお伝えしていこうと思います。
2018年6月18日に発生した大阪北部地震の時にブロック塀が崩れて犠牲者が出ました。
地震や、台風などの自然災害は避けることは出来ません!!
屋根のメンテナンスというと資産や財産の保全という意味が強いと思いますが実は、公的な視線で見ても定期点検はしておいた方がいいんです。
瓦アブない
地震などで瓦などが道路に落ちる心配はありませんか???
道路のすぐ横に建てられている建物もあります。
その建物が、被災し、屋根材が落下した場合に通行の妨げになってしまったり、最悪、人や物に当たってしたりする可能性があります。
あなたの所有するたてものはそういう可能性は無いでしょうか?
もし可能性がある場合は定期的な点検をお勧めします。

法の整備も進んでいます。
現在では法の整備も進み、建物は道路から最低でも何メートルは後退させるという外壁後退距離の規制があるんです。
これは地自体によって違います。
問題はこの規制が出来る前の建物です。
こういった建物を所有していらっしゃる方は定期的に点検して、必要に応じてメンテナンスをしてあげてくださいね。
最後まで見て頂きありがとうございます。

少しは役にたったでしょうか???
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら飯田・伊那店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-95-9807