オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

塗装の表面を触ると手に粉が付く?それ塗装の劣化のサインかも!


チョーキング
外壁や屋根の表面に触った時に
手に粉が付いてきた??

実はそれ塗装の劣化のサインなんです!!

チョーキング現象(白亜化現象とも言われます)と呼ばれるもので、
塗装の経年劣化によって起きてしまう現象です。

常に紫外線や、風雨に晒されている屋根や外壁の塗装は
どうしても経年劣化は避けられません。
新築で建ててからだいたい10年ほどのタイミングで
チョーキング現象が発生することが大半ですが
立地条件によって、劣化の症状が出る年数は様々なので、
ご自宅の建物に合わせたメンテナンスが大事です。
このチョーキング現象は、塗装の劣化が起こっているサインなので
紫外線や風雨から家を守る役割が弱くなっているということなので
放置しておくと、雨水の侵入を許し、カビ、コケの発生や、
外壁材のヒビの発生につながります。
このチョーキング現象は、放置しておくとどんどん劣化していくので
外壁屋根にチョーキング現象がみられる場合には、塗装のメンテナンスの
タイミングです。

再塗装をする際に注意

洗浄作業
塗装前の洗浄作業

再塗装をする際に、気をつけたいことが
古い塗装を洗い流す洗浄作業。
この洗浄作業をきちんと行わないと、
いくらきれいに新しい塗装を施しても、
古い塗料が残っていると、新しい塗装が
密着せずに数年で施工不良になる可能性も。

下塗り
下地処理、下塗り

新しい塗装をする前に
シーラーやプライマーを使って
下塗りを施します。
この下塗りの工程も、
新しい塗料を密着させるために
大事な工程になります。

屋根外壁塗装
再塗装のメンテナンスをする際に気をつけたいのが、
上記のような洗浄や下塗りの工程をしっかり施さないと
施工不良の原因になります。
年数が経たないうちに施工不良が原因で、せっかく塗った塗装が
浮いてきてしまったりする原因にもなるので信頼できる業者さんに
お願いしましょう

下塗りの工程の後に行う中塗りや上塗りは、
使用する塗料によって耐久年数などがそれぞれ異なります。
ただ定期的な塗装のメンテナンスはどうしても必要になるので
長い目で見て、耐久年数が長い塗料を使用してメンテナンスを
施すことが理想的です。


外壁塗装下塗り



チョーキング現象は、放置しておいても直るものではありません。
外壁、屋根を触った時に手に粉が付く、塗装の劣化のサインを
見つけたら、早目のメンテナンスを検討しましょう
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら飯田・伊那店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-95-9807