屋根に天窓!!天窓がもたらしてくれる効果とデメリット!!!


天窓補修前
こんにちわー!いつも見て頂きありがとうございます。
今回は、屋根の上につける天窓についてお伝えしていこうと思います。

天窓は、家の中に太陽の光を取りこんで室内全体をあかるくしてくてくれる効果があります。
設置する位置にもよりますが昼間は照明が要らないくらいに明るくすることが出来るので昼間の節電にもなります。
そして、夜には綺麗な星空を見ることも出来ます。
外から天窓が付いてるお家をみるととってもおしゃれに見えますよね。
また外からだけでなく家の中からでも室内が明るくて心地よく感じられると思います。

天窓
可動式と固定式の天窓がある!!
天窓には固定式と可動式のタイプのものがあります。
固定式の天窓は、窓が完全に固定しているので開閉する事が出来ません。
なので太陽の光を取りこむ彩光のみの効果になります。
可動式の天窓は、窓を手動か電動で開閉することができます。
窓を開けることによって光を取り入れるだけでなくて換気や、風とうしをよくする効果があります。
夏は天井に熱がこもりやすいですが天窓を開けることで熱を放出することができます。

天窓は結露や雨漏りの心配があります。
天窓の窓ガラスと水切りの間のシール材や防水材であるエプロンの劣化、天窓の周りに落ち葉などが溜まることで排水することができずオーバーフローして雨漏りしてしまうことがあります。
また施工不良が原因で雨漏りしてしまっている場合もおおいです。
そして天窓は、屋根についてますが窓なので室内の温度と外の温度差がおおきくなると窓に結露が付きます。
その結露が垂れてきて天井や壁に結露の水滴がのこる場合があります。
そしたそれを雨漏りと勘違いしてしまう事もあります。

設置場所や天窓に関するご相談がある時はお気軽にお問い合わせください!
最後まで見て頂きありがとうございました。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら飯田・伊那店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-95-9807