台風が来たら足場のメッシュシートは畳むのが常識です!


足場
こんにちわ!!
いつも見て頂きありがとうございます。
今回は、メッシュシートを畳む必要性をお伝えしようと思います。
屋根の塗装屋外壁塗装や、解体の時などをおこなう際に足場にかけられるているメッシュシート。
ほこりなどのゴミや、塗料の飛散や、職人の安全のためにかけられているのは皆さんご存じだと思います。
メッシュというのでそれなりには通気性があるのですがそれほど風通しがいいわけではありません。
メッシュシートを張ったままだと、台風などの強風時にはかなりの抵抗になってしまい倒壊の危険があります。

足場の写真
2018年の台風12号で大阪のビル工事現場の足場の一部が倒壊。
メッシュシートを張ったままだと強風時に足場倒壊する危険があるのは外仕事をしている建築関係の仕事をしている方ならみんな知っている事です。
大阪のビル工事現場の足場の一部が倒壊してしまうことがありましたよね。
幸いにも人的被害は無かったようですが、本当に危ないですね。これまでも同じ様な事故は何度も起きています。
台風で屋根が飛んでしまうのは自然災害ですが、これは人災です。

足場の写真です
自宅の近くで工事していて足場が設置されている場合に台風接近前には、こういった確認も必要だと思います。
もしメッシュシートが畳まれていない場合はその業者に連絡出来る場合は連絡しましょう。
最後まで見て頂きありがとうございました。
少しは役に立ったでしょうか??
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら飯田・伊那店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-95-9807