オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

遮熱塗料と断熱塗料の違いとその効果とは?


外壁の塗り替えを考えるうえで知っておきたい遮熱塗料と断熱塗料の違い。
何が違うのか?効果やコストの違いをご紹介します。

まず初めに、知っておきたい熱伝導。

熱伝導って聞いたことありますよね
高温から低温に熱が伝わることを言います。
なので、ここでいう熱伝導とは太陽の光が屋根から室内に伝わってくることを言います。

熱伝導率とは、熱の伝わりやすさのことを示していて
この、『熱伝導率をどのくらい抑えられるかどうかで一年中快適に過ごせるかどうかが決まります。

photo-6
では、遮熱塗料と断熱塗料の特徴を見ていきましょう。

遮熱塗料
遮熱塗料塗料の特徴は熱を反射することにあります。
室内には熱が伝わってこないため室内の温度も下がります。
近年、地球の温暖化が進んでいるため
この遮熱塗料のほうを選んで使う家も多いそうです。
コストから言っても高すぎないため使いやすい塗料だと言えます。

耐用年数は10年~20年になります。


断熱塗料
断熱塗料は遮熱塗料とは違い熱を反射するということはありません。
ですが、熱伝導を抑え、室内の温度上昇を抑えます。
室内の温度を抑えつつ、室内の熱も逃がさないという特徴があるので、
夏は涼しく冬は暖かい家を作ることができます。
寒い地域の方にはお勧めです。

コストは遮熱塗料よりも少し高め
耐用年数15年~20年です。

お住いの地域や予算、自分が何を望んでいるかによって決めるとよいのかなと思います。
地域によっては補助金が出るところもあるようなので、問い合わせてみるのもおすすめです。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら飯田・伊那店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-95-9807