オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根の名称 破風板 鼻隠し ケラバ とは?屋根は家を長持ちさせる大事な箇所です。 ぜひ覚えて下さい


屋根の大事な箇所 破風板 鼻隠し ケラバ どこの箇所でしょうか?
ぜひ覚えましょう!

・破風板 
破風板(はふいた)とは、屋根と外壁の間にある山形の部材になります。
「風を破る板」という読み通り、屋根瓦や屋根の内部へ風が吹き込むのを防ぐ役目があります。

・鼻隠し
鼻隠し(はなかくし)とは、軒先に取り付けられる横板の事です。垂木の枠組みの縦軸先端部分の切り口を隠すために、取り付けられた部材になります。この垂木の先端部分を建築用語で「鼻」と呼ぶため、この部材は「鼻隠し」と呼ばれています。

・ケラバ

切妻屋根や片流れ屋根の外壁から出っ張っている屋根部分の内、雨樋がついていない側をケラバといいます。ケラバとは部材名ではなく、場所を示す名称になります。

破風板 鼻隠し ケラバ とは
破風板と鼻隠しも屋根の先端にあるものなので役割はほぼ同じです!
屋内に雨の侵入を防ぎ、風の侵入を防ぐ役割になります。
破風板と鼻隠しはどちらも屋根の先端にあるので混同しやすいですが、雨樋の取付の有無という違いがあります。
破風板には雨樋が取付できませんが、鼻隠しには取付できます。

こういう仕事していないと、鼻隠しも破風板 ケラバも馴染みのない言葉だと思います。
ちょっと知っておくだけでもお役にことがあると思います。
屋根は家を長持ちさせるのに1番と言っても良いくらい大事な箇所なのでぜひ! 
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら飯田・伊那店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-95-9807