オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

瓦屋根は地震に弱い?耐震性に優れた屋根材は?


瓦屋根は、長年日本で使用されてきた屋根材です。
最近になって、瓦屋根=地震に弱い。
ということをよく聞くようになりました。

なぜ、近年になって瓦屋根は倒壊しやすいと
言われるようになったのか?


棟瓦
近年、地震の際に、瓦屋根の倒壊が多く見られましたが、
建物が倒壊した理由、それは屋根の重さと建物の強度にあります。

屋根の重さが重ければ重いほど、
建物の重心位置が高くなります。

瓦屋根は一般的に屋根材の中で
一番重い屋根材になります。
そのため地震の際に、重い瓦屋根が
ぐらんぐらんと揺れることになります。

それにより、耐震性の低い住宅が
瓦屋根の揺れに耐えられなくて、
倒壊してしまうことに繋がります。

瓦屋根=重い=倒壊しやすい

という印象が強くなっていますが
実は、瓦屋根の倒壊が多かった原因は、
瓦屋根の重さだけではないんです
瓦屋根
地震などが起きた際にテレビで瓦屋根が崩れ落ちた映像や
倒壊した建物の多くに瓦屋根の建物の映像が繰り返しテレビで
流れることも瓦屋根は倒壊しやすいというイメージを広める
原因になったかと思います。


でも実は、瓦屋根の重さではなく、建物自体の老朽化や、
地盤の弱さ、施工の方法などが原因で建物の倒壊被害が
発生しています

1981年に改正の新耐震基準には、
震度6強~7に達する大規模な地震で倒壊、崩壊しないこと。

上記のような基準が求められているので、屋根の重さ含め。
の建物の構造(屋根の重さに応じた壁量や柱や梁の太さ)が
義務付けられました。

さらに、阪神淡路大震災の際に建物の被害が多かったことにより
2000年に建築基準法が改正され、改正後に建てられた住宅構造は
より安心できるものとなりました。
瓦屋根
瓦屋根も、災害に備え日々進化していて、
台風や地震などの災害に強い防災瓦や軽量瓦などが
開発されています。

2001年には、瓦屋根の従来の工法に比べ、強固に
固定するよう必要最低限の施工ガイドラインも交付され、
瓦屋根の耐震性も、より安全なものに向上しました。

これにより、阪神淡路大震災クラスの地震であれば
なんとか耐えられることが実証されています。



瓦屋根

瓦屋根は地震に弱い、のではなく、
建物強度が不足している、老朽化した瓦屋根の建物が
比較的倒壊しやすい、ということ、
建築基準法に沿って建てられた建物であれば、
屋根の重さに応じた設計になるため、
瓦でも、金属屋根でも、耐震性は同じになります

近年は、瓦屋根から軽量の金属屋根に
リフォームされる方も多く見られます。
住宅の耐震性や、瓦の屋根は心配だなぁと、お考えの方は
一度業者さんに相談してみるのもおススメです

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら飯田・伊那店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-95-9807