オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

破風って何?破風板の役割と重要性。下から吹き上げる風に強いやつ!!


S__8790020-e1580433699775
普段何気なく見ているお家ですが、細かなところにも役割があります。
その一つが破風(はふ)というところ。

屋根にある破風。 知っていますか?

破風は切妻造や入母屋造の屋根の妻側には必然的にあり、妻壁や破風板と呼ばれています。


破風は風や家事の火から守ってくれる大事な場所です。
屋根の構造として、上からの雨や風に対しては強いのですが
下から吹きつけるものに関しては弱いという特徴を持っています。

その下や横から吹きつける風、強風や突風の風を破風のところで分散させてくれたり
吹き上げてくる風と一緒に降ってくる雨の侵入も防いでくれます。

万が一火事になったとしても、破風板と軒があることによって
屋根裏に火が回っていくのを最小限に抑えてくれる役割があります。
屋根裏には防火剤が使われていないため火事になると延焼しやすいのです。
その延焼を最小限に食い止めてくれるのが破風板の役割になります。

他にも、雨樋の下地で使われます。
雨樋は雨水から外壁を守ってくれる多くな役割がありますので、
破風は屋根の中でもいろんな役割をしているわけですね。







1574064218100-e1580433724827
メンテナンス
破風板もやはり屋根や外壁同様劣化し、傷みます。
木部の腐食が進む前に塗装して防水し寿命を延ばしてあげましょう。

破風の部分だけを修理し工事するということはほとんどありません。
屋根のメンテナンスで塗装する時などに一緒に行います。
破風板に劣化がみられる場合、屋根や外壁にも劣化がみられることが多いですので
目安にしてみてはいかがでしょうか。
もし、劣化し始めたのが気になった場合、専門の業者に点検してもらうことをお勧めします。


photo-16-e1580434346287
工事で足場を組むのなら・・・
一回で工事を済ませたほうがお得です!!
どうせそのうちやるのなら・・・
足場を組んで大掛かりな工事をするのは生活への負担もかかります。
屋根だけではなく、外壁のことも考えるなら、
一度に済ませたほうが経済的にも精神的にも楽になると思いますので
工事の際には営業のほうに気軽のご相談ください

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら飯田・伊那店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-95-9807