オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

防水シートの役割。傷んだ時にどんな危険性があるのか。防水シートの重要性


防水シートってなに?知識があまりない方は何に使うのかわからないかもしれません。
防水シートとは?どんな役割があるのかを紹介していきたいと思います。
20191118_150940-1-e1579397406457
屋根の防水
屋根がしっかりと施工されていても、防水シートがない場合雨が屋根材の隙間から入り込んできます。

その水の侵入を防いでくれるものが防水シートになります。

防水シートがなく、水が浸入してしまった場合
野地板や天井に雨の水がしみこんでしまい腐食が進み雨漏りの原因になってしまします。

雨から家を守ってくれる大切な材料の一つになります。

防水シートが劣化したときどんな危険性があるのでしょう。

・家の躯体部分の腐食
・カビ発生の原因
・家の強度低下

などがあげられます

防水シートは見えない部分にあるので
見た目では傷んでいるかどうかなどはわかりずらいかもしれません。
でも、もし劣化していたら家の腐食につながってしまうので早めに対処しましょう。

屋根の下にひかれている防水シートはパッと見ただけでは傷んでいるかはわかりません
なので、屋根のメンテナンスをするときなどプロの方に見てもらうことをお勧めします。






0a754b12618de1fb3d6f5876b212c9ac-e1579397763773
他にも、ベランダにも防水シートは使われていますし、壁にも使われています。
写真はベランダの写真ですが、
ベランダの防水シートが傷んでくるとひび割れや剥がれ、ふくれなどが起こりますので
根よりは見つけやすいかもしれません。
ベランダの傷みも放置しておくと植物が生えてきてしまったり、藻の繁殖につながります。


de09f45fdf4f17daf2d6ac5ec3e705df-e1579399497907
壁の場合は、壁と壁をつなげているコーキングの割れや壁のひび割れなどから雨が浸入したり
壁の中で結露することによって劣化が起こってきます。
・土台や壁を腐らせてしまう
・シロアリを呼び寄せてしまう
・断熱性を低下させる

など家全体の劣化につながってしまいますので注意しましょう。
外壁に関しては外壁塗装のメンテナンスで劣化は防げますので、
気になる方は、プロに相談することをお勧めします。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら飯田・伊那店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-95-9807